危険な副作用がある!?ビスラットゴールドEXの真実とは?

印象的なCМの小林製薬のビスラットゴールドEX。

ビスラットゴールドEXは、ビスラットシリーズの中でも有効成分が多く配合された漢方薬です。

年齢が上がるにつれて脂肪を溜めこみやすくなった女性や、便秘に悩む人に飲まれているのですが気になる事もあります。

それが、ビスラットゴールドEXの副作用です。

どんな医薬品にも効果には個人差がありますし副作用の危険もあるのですが、このビスラットゴールドEXの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?

ネット上には下痢が止まらない、お腹が張って苦しくなったなどの体験談があったので詳しく調べてみました。

ビスラットゴールドEXの副作用の心配や、効果についてもまとめてみたのでご覧ください。

ビスラットゴールドEXには副作用があるって本当?

ビスラットゴールドEXを飲んで重い副作用に悩まされた人がいるのか調べてみたのですが、ネット上に副作用になったという人の書き込みはありませんでした。

ビスラットゴールドEXを飲んで考えられる副作用には、腹痛、下痢、間質性肺炎などがあります。

間質性肺炎とは、肺が傷ついてしまって呼吸がうまくできなくなる事をいいます。

このような症状が出た場合は、すぐにビスラットゴールドEXの服用をやめて病院に行って医師の診察を受けて下さい。

次に腹痛と下痢の副作用についてですが、下痢の症状はビスラットゴールドEXの有効成分が効きすぎているだけの場合もあります。

そういう時は、ビスラットゴールドEXの飲む量を少し減らして調節すると下痢がおさまります。

あまりにもひどい腹痛を伴う下痢の場合は副作用も考えられるので、服用をやめて病院に行きましょう。

ビスラットゴールドEX、これって副作用?

ビスラットゴールドEXは便通を促す漢方薬なので、服用を始めると便秘が治ってお腹がゆるくなったり下痢の症状が出る事もあります。

この時になる下痢は副作用とは違うそうなので、下痢になった場合の対処法についての口コミを調べてみました。

「ずっと便秘で悩んでいて、下剤に頼る生活が続いていました。

でも一生下剤を飲み続けるわけにはいかないと思ったので、下剤よりも体に優しそうな漢方薬に変えることにしました。

その時に出会ったのがビスラットゴールドEXです。

今の私に1番合っていると思ったので、最初からビスラットゴールドEXを選びました。

すると、飲み始めて次の日から下痢の症状が出てきました。

でも今までずっと便秘で悩んでいたので、お通じがあるだけでとても嬉しかったです。

毎日お通じもあるので体重も1キロ減ったのですが、この下痢は副作用じゃないかな?と考えるようになってきました。

でもビスラットゴールドEXを飲むのをやめたらまた便秘体質に戻ってしまう気がして、悩んでいました。

とりあえず1日2回飲んでいるビスラットゴールドEXを、1日1回夕飯前に飲むようにしました。

すると、次の日から下痢が治って普通のお通じがくるようになりました。

私の体には、1日1回の服用が良かったみたいでそれからはずっと1日1回飲むようにしています。

あの時の下痢を副作用と思って飲むのをやめていたらまだ便秘で悩んでいたかかもしれません。」

他のビスラットシリーズとビスラットゴールドEXの違いとは?

小林製薬のビスラットシリーズには、ビスラットゴールドEXだけではなくビスラットゴールドbもあります。

ビスラットゴールドEXの方が有効成分が多いので、初めて飲む人やもともと便秘で悩んでいない人にはビスラットゴールドbから飲み始めるのがオススメです。

どちらも飲む量は1日2回5粒ずつで同じなので、忘れずに食前に飲むようにして下さい。

コメントは受け付けていません。